調剤の担い手として薬剤師は調剤薬局や病院、ドラッグストアなどで活躍していますが、企業で調剤以外の業務に携わって活躍している人も大勢います。東京ではどのような企業からの求人を見つけられるのでしょうか。他の地域で探している人も東京に目を向けるメリットがあるので、その理由についても簡単に紹介していきます。

薬剤師の求人における日曜日の取り扱い


東京では企業への就職をしやすい

薬剤師として一般の企業で働きたいと考える人は少なからずいますが、なかなか希望の職場を見つけられずに悩んでしまう傾向があります。企業からの薬剤師の募集は必ずしも多いわけではないからです。調剤が必要というのであれば資格を持っている人を高い給料で雇わざるを得ないでしょう。

しかし、他の人でもできる業務なら資格を持っていない人を雇った方が安上がりなのは確かで、あえて薬剤師の資格を持っている人を雇いたいというケースはあまり多くはないのです。ただ、企業によっては薬剤師をある程度は確保したいという希望を持っていることがあります。

東京では企業の数がそもそも多いので薬剤師を求めている企業も必然的に多くなり、就職をする上では有利になります。それに加えて、後述のように事業内容的に都市圏に拠点を置いている企業が薬剤師を必要としているケースが目立つのも事実です。

そのため、他の地域で企業からの求人を見つけられずに悩んでいた人も、東京で仕事を探してみると見つかる可能性が十分にあります。

製薬企業からの求人

企業からの薬剤師の求人として典型的なのが製薬企業による募集です。医薬品の開発から臨床試験の実施、医薬品としての承認の取得、そして医薬品の製造や販売といった一通りのプロセスをたった一つの企業でおこなっているのが製薬企業の特徴です。

薬剤師は医薬品のプロフェッショナルとして知られていることから、どのステップに関わるにしても資格を持っている人の方が知識や理解力があって良いと考えられています。特に薬事や開発の業務では専門的な知識が必要になるので薬剤師が好まれているのが通例です。

研究職についても医薬品全般についての深い理解を持っていることから薬剤師が望まれているのが一般的な傾向です。一方、顧客対応をする業務についても薬剤師を起用することが多くなっています。MRとして病院やクリニックなどに医薬品情報の提供と営業をする職種が典型例です。

そのバックアップとして医薬品情報を収集する業務も薬剤師に担当させている企業が多くなってます。また、コールセンターなどのスタッフにも薬剤師を置いて適切な説明をできるようにしていることがよくあり、正社員だけでなくパートやアルバイトの募集も豊富です。

この他にも臨床開発モニターのように臨床試験を進める上で欠かせない役割を果たす職種についても薬剤師の資格を持っている人がよく求められています。このように製薬企業からは多岐にわたる職種で薬剤師が募集されています。

物流業者からの求人

薬剤師は医薬品の管理を行えるのも職能の一つなので、医薬品の取り扱いをしている企業からは管理薬剤師としての求人がよくあります。東京で特に多いのは物流業者からの求人です。医薬品を製薬企業の工場などから運送してきて倉庫に運び、倉庫から病院や調剤薬局、ドラッグストアなどへ運送するといった業務をしているのが物流業者の特徴です。

薬剤師の役割としては物流業者が手配した医薬品の在庫を確認し、それぞれの医薬品が適切な形で管理されているかをチェックすることが主になっています。このような管理薬剤師の業務は医薬品の種類によっては登録販売者でも可能ですが、薬剤師は医薬品の種類によらず管理することが可能です。

そのため、幅広い商品を扱っている業者では重要な人材として手厚い待遇で求人を出しています。

マスコミや出版関係の求人

医薬品や医療に詳しいプロフェッショナルとしての薬剤師はマスコミや出版関係の業者からもよく求人募集が行われています。典型的なのはメディカルライターで、医薬品や医療に関連する記事の執筆が主な業務です。新規医薬品の開発が進んで承認されたり、医薬品の副作用による問題が生じたりしたときに専門家としての知識を活かしながらわかりやすく記事を書くことが求められます。

マスコミ関係の場合には病院やクリニックなどに取材に行く機会があることも多く、専門的な視点から考えて適切な質疑応答ができる人材として重宝されているのが一般的です。また、自分が執筆をするのではなく、雑誌に投稿されたコラムや論文などの校閲をするのが仕事になる場合もあります。

医療や医薬品に関わる雑誌や番組などを作っている企業では特に重要な役割を果たす人材として求人が出されているのが通例です。一方、医療系のニュース記事や論文などの翻訳をしている企業でも薬剤師の需要が高くなっています。

翻訳には英語などの外国語の知識だけでなく、内容を理解するための基礎も必要になるので医療関係の文章を翻訳できる人材として薬剤師が求められているのです。この他にも医療系の情報発信をするメディア系の企業からも薬剤師が募集されていることがしばしばあります。

他にもある一般企業からの求人

一般企業からの薬剤師の求人は東京では実は多岐にわたっていて、上記のような比較的よく見かけられるもの以外にも色々な仕事に携わることが可能です。化粧品会社や健康食品会社などでも薬事法についての知識がある薬剤師が欲しいという観点から開発職や研究職で募集していることがよくあります。

また、薬剤師の転職がよく行われるようになってきたことから、そのサポートをする薬剤師を人材紹介会社が探していることも珍しくありません。特に東京にはオフィスを置いている人材紹介会社が多いため、求人は他の地域に比べてかなり多くなっているのが現状です。

この他にも医薬品や医療に関わる業務には色々なものがあるので求人を実際に見て探してみましょう。

企業で働くなら東京で探そう

薬剤師が企業で働きたいと考えたときには東京なら候補がたくさんあるので安心です。製薬企業からは多岐にわたる職種の募集がありますが、物流業者などから管理薬剤師の求人もよく見かけられます。メディカルライターなどのマスコミ関係の企業からも募集があるなど、薬剤師としての能力を活かせる現場はたくさんあるので求人を探してみましょう。

詳細→薬剤師求人サイト - APOPLUS 薬剤師https://www.apo-mjob.com